これは常に思いますよね。

 

良い記事を書きたいという思い。

 

ただ、そこでいつも悩みませんか?

 

 

良い記事ってどんな記事よ!って。

果たして良い記事とは?

 

よく言われるのは役に立つ内容とか、面白い内容とかですよね?
ただ、そんな抽象的な感じでは記事は書けないと思います。

 

これで、そうかっ!
スラスラスラ〜って進むんだったら苦労はしません。

 

もっと具体的にどういう事を書くかですよね。

ちょうど最近何かを体験してて、その中で役に立つ事や、面白い事があればそれの体験、感想を交えて書けばいいんでしょうが、それもそんなに頻繁にあるもんじゃありません。

 

そういう意味ではトレンド記事は楽ですよね。

 

キーワード選定さえしてしまえば、もう題材は決まります。後はそのネタに対して知識を増やし、自分の感想を交えながら書けばなんとかなります。

 

ただ、トレンド系のネタも種類によりますけど、きっと書くのが辛くなってくる時期が来ます。

 

しかも良い記事というか、トレンドの場合単純にアクセスを集める為の記事なわけです。モチベーションの維持が難しいですよね。

 

そこで立ち返るわけです。

 

そのまま気持ちを強く持ってトレンド記事を書いていくのもありだと思いますが、
でももっと自分の記事を書くスキルを本気で高めたい、って言う気持ちが強くなってくると思います。

 

良い記事を書いて結果的に収益を出していくという結果になんとしても繋げたいんですから。

 

正直悩みますよね。

 

コピーライティングを学ぶ必要があるのかな?とか、絶対的な特典を準備しないとダメなのかな?とか

 

でも最近そうじゃないんだ、という事にホント気付かされます。

 

説明が難しいんですが、相手にきちんと伝える技術であったり、心構えの部分であったり、基本的な部分をまず見直す必要があるんじゃないだろうかって。

 

人に読んでもらうのに小手先の部分だけ変えても長く続けてなんかいけないと思います。

 

Web上で記事を読んでもらうための学びが必要です。

 

まぁ、そういう意味ではこの『文才ゼロからはじめるWeb記述執筆術 才ゼロ』という教材でかなり深く学べるんですが、買って満足してても仕方ありません。

 

正直この買って満足・・・というパターンは非常に多いです。

 

私の場合は自分が好きな部分ばかり読んで満足してしまった部分が非常に大きいです。

 

私は結構才ゼロの中にある文章の書き方のパターンのところが好きでよく読むんですが、どの章も基本的に大事な事ばかりな訳です。

 

ちゃんと本気で取り組んで自分自身レベルアップさせていきたいですね。

 

自分が普段読まない部分が結構弱点な部分だったりするんで><

 

あなたも本気で今後これでやっていこう!と考えていたなら、一度検討してみるのも良いかもしれません。

 

才ゼロのレビューと特典!ライティングは変わらなきゃ!